支援をする支援をする

私たちについて

VISION OF NPO PICCHIOヒトとクマとの共存をめざして

野生のクマが将来にわたって生きていける環境を残し、ヒトとクマが共に生きる未来をつくることを私たちピッキオはめざしています。時に深刻な軋轢を生じさせるクマとの共存は、簡単なことではありませんが、行政・住民・専門家が協力して対策を講じれば、被害を減らし、ヒトとクマがお互いの存在を許容して生きていけると、私たちは知っています。なぜなら、軽井沢で年間100件を超えることもあったクマによるゴミ荒らしが、努力の結果、今ではほとんど起こらなくなっているからです。しかし、気を抜けば、またかつての状態に戻ってしまいます。現状の対策を維持しつつ、クマの知られざる生態の解明や、将来を見据えた人材育成を行うことで、持続可能なクマ保護管理を行いたいと考えています。

ヒトとクマをつなぐ専門家

ピッキオでクマ保護管理に従事するのは、生態学を学び、クマを熟知した専門家です。クマとの向き合い方について、さまざまな意見がある中で、ピッキオは調査データを元に、被害を防ぐための具体的な処方箋を示します。

活動紹介

ピッキオは1998年より、クマ保護管理に取り組んできました。
2000年からは軽井沢町の委託を受けつつ、軽井沢町の外にも活動の範囲を広げています。

組織に関する情報

所在地
〒389-0111長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2148
電話
0267-46-3818

役員

理事長
桒田慎也・・株式会社ピッキオ 代表取締役社長
理事
山本俊昭・・日本獣医生命科学大学 准教授
理事
星野裕一・・どんぐり運動の会
監事
斉藤あずさ

ご支援のお願い

あなたのご支援が必要です。

WILD BEARS FOR THE FUTURE
野生のクマを未来へ。そう願う、あなたの力を私たちに貸してください。支援の輪が広がることで、目の前の被害対策だけでなく、調査研究や人材育成など、将来を見据えた活動の幅を広げることができます。
野生のクマを未来へ。ヒトとクマとの共存のために、あなたの力を貸してください。

いずれかの方法で
ご支援いただければ幸いです

とりあえず1回支援する毎月支援する1年分支援する
支援する