本邦初!ベアドッグ育成活動
ピッキオでは、日本で初めての試みとなる
ベアドッグの育成活動を行っています。

 2004年6月、アメリカから2頭の子犬がピッキオにやってきました。同年1月に生まれたベアドッグ(クマ対策犬)の卵たちです。ピッキオでは2頭を「ルナ」「ブレット」と名付け、日本で初めての試みとなるベアドッグの育成活動を始めました。現在はブレットがクマ対策犬として活躍しています。

 

ブログ「軽井沢ツキノワグマ日記」はこちら→ 

 

ベアドッグ日記をご愛読頂きありがとうございます。
2007年6月より、スタッフ全員がブログ「軽井沢ツキノワグマ日記」を綴っていくことになりました。
ブレットの様子はハンドラー(田中)のブログにアップされていきます。お楽しみに!

NPO法人ピッキオでは、賛助会員を募集しています。会費は、ベアドッグの育成やツキノワグマの保護管理活動等に活用させていただきます。    詳しくはこちら