2007年11月

軽井沢は避寒地!?

 猛暑だった今年ですが、今となってはちょっと恋しいぐらいですね。さて、この時期、軽井沢周 辺には、夏にはいなかった鳥達がちらほら見られます。「冬鳥」と呼ばれる鳥達です。カモやツグミ、ベニマシコなどが代表的な仲間です。彼らは、夏の間は涼しい北国で過ごしていたのですが、厳しい寒さを逃れてこの軽井沢にやってきました。わざわざ遠くまで飛ばなくても冬眠すればいいのに、と思うのですが、実はほとんどの鳥達は冬眠しないのです。それは鳥達は空を飛ぶので、体を軽く保つため、あまり体に脂肪をためられないからだと言われています。そこで冬鳥達は冬は少しでも暖かくて餌のある地域を目指して渡りをします。私たちには寒さがつらい冬の軽井沢も、冬鳥達にとっては「避寒地」なんですね。